薬瓶

工場などで活躍してくれるフッ素コードの離型剤を活用

製造現場で塗布できるフッ素コート剤使用の離型剤はコスパが良い

離型剤にはいくつか主成分の異なる製品がありますが、フッ素コート剤を使った離型剤の中には、成形作業の現場で手軽に使えるタイプのものがあります。フッ素系離型剤は、そもそもが、金型に薄い塗膜を作るだけで優れた離型効果を発揮できる極めてコスパのいい離型剤ですが、現場で使いやすいタイプの製品があることで、更に高い経済性を実現しています。
フッ素コート剤使用の離型剤の中で、現場で簡単に使用できるものとしては、刷毛を薬剤に浸して塗るだけでいいものや、スプレー缶に入っていて、金型に吹き付けるだけでいいものなどがあります。離型作業をルーチンの一環として行うメーカーは、シリコン、プラスチック、そしてゴムなどを扱うところが多く、こうしたメーカーでは、一定の規格品を大量に製造する場合が多いです。
つまり、離型作業については、一度になるべく沢山、短時間でより多くの製品を、そして途中で作業を中断せずに連続離型が出来ることが、生産効率即ち経済性をアップさせるためのポイントとなります。現場で使いやすいフッ素系離型剤があれば、度重なる成形作業の途中で綺麗な離型が困難になってきても、現場で離型剤の追加塗布処理を施すことで、すぐに成形作業を続行することが出来ます。もともとワックス系などに比べると作用持続時間が長いフッ素系離型剤ですが、現場での追加塗布が出来れば、その日のノルマ分の成形作業を確実に完了できるでしょう。

フッ素コート剤使用の離型剤で高品質のゴム製品を作ることが出来る

素材としてゴムを使った製品の特長は、その高い密閉性にあります。製品としていい例がパッキンやゴムチューブで、いずれも、中の空気を外に漏らさないことで、内圧を効果的に高めたり、空気を送りたいところへ確実に送ったりすることが出来ます。こうしたゴム製品の重要な性能も、素材のゴムを確実に求められた形状にできる成形技術があって初めて実現できます。そして、この成形過程において大切な役割を演じているのが離型剤です。
例えばゴムチューブを成形する時に、チューブ壁の一部が極度に薄くて、ちょっとしたことで穴が開いてしまうような製品が作られてしまったらどうでしょうか。使用中にそこから簡単に空気が漏れてしまい、目的とするところに空気を届けるという役割を果たすことはできません。このようなことがないよう、ゴムを成形する過程では、金型に素材を注入したら、確実にその通りの形で取り出すことが出来なければなりません。この過程をサポートしているのが離型剤です。特に、フッ素コートによる非粘着性を生かしたフッ素系離型剤は、成形物の形状を変えずに金型を分離する離型性能が非常に優れています。フッ素コート剤の塗布によって形成されたフッ素樹脂の薄膜が、金型へのゴムの粘着を妨げることで、この効果が発揮されます。ゴム製品の品質は、ゴムのクオリティだけではなく、離型剤の性能の良さにも支えられていると言えるでしょう。

スプレーなどで追加塗布できるフッ素コート剤使用の離型剤の利点

プラスチックやゴムの製品を製造する現場は、販売予定の製品数に合わせて、納期までに必要数の製品を確実に仕上げることが要求されます。製造作業に必要な人手、材料、道具が、全て製造現場のコントロール下にあれば、現場で多少の想定外の事態があっても柔軟な対応が可能です。このうち一つでも、外注に頼るなどして相手の都合次第の事があると、ノルマを守りつつ製造作業を進めることは、かなり難しくなってしまうでしょう。
そのような要素となりうるものの一つが離型剤です。離型剤は、ゴムやプラスチックを一定の形に成形するために使う金型に塗り、成形後のゴム製品等を型から剥がす時に破損しないようにするための薬剤です。主成分はいろいろありますが、フッ素コート剤を使用したものは、成形物を綺麗に剥がせるので利用者から強く支持されています。
離型剤は、金型に一度塗布したら、永遠に同じレベルの効果を発揮し続けてくれるわけではありません。連続離型しているうちに離型効果は劣化するのが普通です。そんな時、離型剤の追加塗布を外注するのに比べたら、手元にスプレーや液状の離型剤があり、現場で追加塗布することが可能なら、どれだけ便利でしょうか。フッ素コート剤使用の離型剤には、幸いにしてこうしたタイプの製品があり、大変な人気を集めています。現場でのより柔軟な対応を可能にしてくれるフッ素系離型剤、是非利用してみましょう。


フロロサーフのナノレベルフッ素系金型離型剤を活用してコスパを抑えましょう。
製造現場で簡単に塗布することができ、室温で乾燥させるだけなので成形物の洗浄も不要です!

NEW POSTS

WHAT'S NEW

このページのトップへ